斜行エレベーターを利用する

駐車場からエレベーターに乗る方法

斜行エレベーターは、せいしん駐車場から久遠寺境内がある山の中腹までをつなぐ
斜めに動くエレベーターで、2009年に完成しました。

 

エレベーターは2機あります。

 

行き(久遠寺境内への上り)

斜行エレベーターはせいしん駐車場の奥にあります。

 

駐車場から久遠寺境内のほう(山のほう)を向かって見て、右側の奥になります。

 

山の斜面を見ると、斜行エレベーターのレールも見えますし、
ゴンドラのような箱が動いているのですぐわかると思います。

 

 

エレベーターを降りると、久遠寺境内の外れ、本堂脇に出ます。

 

境内に出てすぐ右を見ると、五重塔が高くそびえ立っているのが見えます。

 

 

帰り(久遠寺境内からの下り)

斜行エレベーターの入口は、女坂側から来ると本堂の建物に隠れてしまって
見つけづらいかもしれません。

 

帰りに斜行エレベーターに乗る場合は、五重塔を目印にするとよいでしょう

 

五重塔側へ向かって行き、境内の外れ(本堂の脇)までくると入口が見えると思います。

 

 

斜行エレベーターの利用料金など

斜行エレベーターの利用料金(運賃)

斜行エレベーターには、乗車チケット(乗車券)や整理券などは必要ありません。
無料で利用できます。

 

券売機などもないので、駐車場の奥に進んでそのまま斜行エレベーターに乗ればOKです。

 

エレベーター前に係員がいらっしゃる場合はその方が誘導してくださいますので、
指示に従えばよいです。

 

お心づけ

 

無料で利用もできますが、お心づけとして気持ちを置いてくることができます。
(斜行エレベーターを利用した分、気持ち(料金)を置いてくるという意味です。)

 

せいしん駐車場側からエレベーターで上がった場合は、
エレベーターを降りるとすぐにお賽銭箱のような箱が置いてありますので、
入れてくるとよいと思います。

 

 

2機ある斜行エレベーターの、山に向かって左側のエレベーターの場合は、
降りたすぐの左側にありました。

 

足元にありますのであまり目立たないかもしれないです。

 

 

係員の方に聞いたところ、お心づけは100円くらいで充分とのことでした。
もちろん、お心づけなので、自分で思った利用料金を置いてくればよいと思います。

 

 

斜行エレベーターに乗る前に

久遠寺境内にもトイレが数ヶ所あるので、
混雑していなければ、トイレに困るということはないと思います。

 

ですが、心配な方は、せいしん駐車場の入口付近にもトイレがあるので、
利用されるとよいでしょう。

 

わりと空いているトイレだと思います。
私も利用しましたが、きれいに清掃されていました。

 

「斜行エレベーターで久遠寺境内へ」関連記事一覧

菩提梯(ぼだいてい)
三門から久遠寺境内へ行く最短コースです。距離は最も短いですが、一番険しいルートです。石段を上りきると、本堂前に出ます。
男坂(おとこざか)
男坂は三門をくぐってから山道を通るルートです。菩提梯と同じく、本堂前に出ます。
女坂(おんなざか)
女坂は三門と甘露門とをつなぐ山道です。菩提梯や男坂よりも歩きやすいですが、距離が一番長いルートです。
乗合タクシー
乗合タクシーを使うと、本堂裏まで行くことができます。桜の時期は、終点がせいしん駐車場になるので注意が必要です。

REITを始めよう