身延山久遠寺の見所

本堂の位置と見どころ

 

本堂は、身延山久遠寺境内の五重塔側にあります。

 

 

本堂の位置

本堂へ行くルートはいくつかあります。

 

  1. 菩提梯または男坂を上った場合は正面に見える建物です。
  2. 斜行エレベーターまたはエレベーター脇の歩道で上って境内に出た場合は、
    本堂脇に出ます。
  3. 乗合タクシーで本堂裏まで上った場合は目の前の建物が本堂です。
    (しだれ桜のお花見シーズンは、せいしん駐車場までになるので注意が必要です。)
  4. 女坂を上った場合は境内の対角線上の一番遠い外れにあります。

 

墨龍は一見の価値あり!

久遠寺に行ったら、ぜひ見ていただきたいのが墨龍(ぼくりゅう)です。

 

墨龍は、本堂の天井に描かれている天井画です。
加山又造画伯の力作で、巨大な龍を天井に見ることができます。

 

かなり大きな天井画で、40〜50畳分はあると思います。
(床の畳を簡単に数えてみたので、誤差がきっとありますがご容赦ください。)

 

堂内は撮影禁止なので、写真に撮ることはできませんでしたが、
その迫力ある龍は、一見の価値があると思います。

 

墨龍を倍楽しむ!

 

一般的に龍は水晶玉のような宝珠を持っていますよね。
ですが、この墨龍は宝珠を持っていません。

 

加山又造画伯いわく、
「法華経に出てくる龍は、お釈迦様に献上したので宝珠は持っていない」
とのこと。

 

こんな観点から龍の指に注目して見てみると、また面白いです。

 

堂内の墨龍は、無料で拝観できます

 

地階の宝物館

本堂の地階には宝物館があります。

 

ここには、久遠寺所有の国宝・重要文化財・指定文化財などが多く展示されています。
書物、掛け軸類が多いと思います。

 

堂内は無料で見学できますが、地階の宝物館は有料です。
拝観料は、個人一般で300円でした。

 

「本堂(大本堂)」関連記事一覧

久遠寺境内はバリアフリー
身延山久遠寺には、車椅子の方にも来ていただけるよう、バリアフリーになっている部分があります。

REITを始めよう